ネットビジネス虎の穴-3つの自由で人生満喫

ネットで経済的自由・時間の自由・人に雇われない自由で人生満喫を目指します

検索エンジンで上位表示されない記事とは

      2016/04/17

前回の記事では

グーグルアドセンスで警告を受けたり

アカウントが停止される実例をお話ししました。

 

本日は、検索エンジンで「上位表示されない記事

についてお話しします。

 

eyecahe030

 

日本で最も利用されている検索エンジンは

「Yahoo!」ですね。

これは無料なのにいろいろなサービスを提供してくれています。

その最たるものはヤフーニュースですね。

 

 

芸能人がここに取り上げられるだけで、知名度は大いに上がります。

そのニュースを私たちは無料で読んでいるのですが、

ではそれを提供しているYahoo!は

何をもって収入にしているのでしょう。

 

 

そう、検索ページの上段や右側にズラッとならんでいる広告が

Yahoo!の収益源なんですね。

 

 

つまり、広告を見てくれる人が一人でも多くなるように

検索ユーザーが満足するサイトやコンテンツのある記事を

上位表示してくり返しYahoo!を利用しもらい、

その中から広告主サイトにいくらかでも

アクセスしてもらうことを狙っているのです。

 

 

ここまでお話しすればお分かりですよね。

Yahoo!の検索順位決定基準がどこにあるかが。

検索ユーザーが満足するコンテンツになっているサイトを

上位に表示するのです。

 

 

では、どんなサイトが下位、もしくは圏外に飛ばされるか。

それは、ネット上で公開されいてる情報を蒸し返しているサイトです。

 

 

髙橋真麻さんの恋人や次回の朝ドラ主演が芳根京子さんという

話題を取り上げた記事やサイトは、昨日からどっとあふれ始めました。

しかし、それらのブログ、サイトの情報はどれも似たり寄ったり…

このような似たり寄ったりのサイト群は、

Yahoo!的にはゴミサイトなんですよ。

 

 

それらを記事にしている人たちって、

当事者の関係者じゃないし、家族や友人知人ではありませんよね。

 

 

投稿者たちの記事ネタはウェブ上にあふれている情報を繋ぎ合わせて

読みやすいように加工した記事を投稿しているだけですから、

Yahoo!としては、ネットユーザーに紹介するに値しないと考えてしまうのです。

 

 

従って、このような時事的なトレンドブログを運営していても

他のサイトの記事と真似たようなものでしかないサイトは、

グーグルやヤフーの目視巡回で「手動ペナルティ」を受けることになります。

 

 

この手動ペナルティを受けると、Yahoo!やグーグルに

どんなに改善報告してもペナルティ解除してもらえません。

 

 

そもそも、記事内容が他のサイトと同じネタのものですから、

記事をガラッと書き変えるか削除するしかないんです。

300、500、1000といったすべての記事を書き変えるなんて

不可能ですよね。

やるくらいなら、ブログやサイトを削除して

一からやり直した方が時間的にも精神的にも楽です。

 

 

いま、アドセンス広告を使ったトレンドアフィリエイトは

初心者でも手っ取り早く収益があがるということで人気です。

 

 

でも、他のサイトのものまね、パクリ、つなぎ合わせのサイトは

すぐにペナルティを受けて、圏外に飛ばされてしまいます。

アクセスがないから収益が発生しません。

最終的に退場していく、という人が多いです。

 

 

わたしの知っている方もたった二ヶ月でペナルティを受けました。

やっと月に1万円のアドセンス報酬までこぎつけたので、

これから報酬が増えていくはずと、やる気に満ちていた矢先のことで、

がっくりして、やりなおす気力がないからと去っていきました。

 

 

ここまで読まれた読者さんは、

私がトレンドアフィリを否定しているのか?と思われるかもしれません。

別に私はトレンドアフィリエイトを否定しているのではありません。

私も、昨年末から集中してトレンドアフィリエイトをやっています。

 

 

私自身も家族や友人知人ではないので、ネット上の情報を

繋ぎ合わせたりゴロゴロと転がっている情報を

自分の考えのようにして投稿している記事もあります。

 

 

でも、もう半年たつのにペナルティを受けないどころか、

記事投稿のたびにその記事が上位表示されています。

 

 

それは、なぜか…。

 

 

その回答は、

検索ユーザーが知りたがっていることを伝えているからですね。

それは、トレンドアフィリのブログに限りません。

ASPアフィリエイトにも通じますし、

サイトアフィリエイトでの手法にも通じるものです。

 

 

具体的なことは、次回お話しさせていただきます。
 

 - アドセンスアフィリエイト